専門の医療機関での検査|うつ病の原因や症状について

うつ病の治療方法

悩む女性

精神科や心療内科を受診して専門医によるカウンセリングを受けた際、うつ病であると診断を受けたのであればすぐに治療を開始する必要があります。うつ病の治療方法では心理療法と投薬治療の二つが主流となっており、症状の度合いによって治療方法が切ります。心理療法というのは、医師やカウンセラーによるカウンセリングを通して症状を緩和していくといった方法です。主に、軽度のうつ病を治療する時に用いられる治療法となっています。医師やカウンセラーによるカウンセリングでは、対話を通して自分自身の「性格」や「考え方」、「自分がうつ病になってしまった原因」を認識していきます。そのように自分を理解することは、うつ病を治療していく上で大切なポイントになるのです。例えば、治療の継続によってこの心の病を完治させることができた後、どういった理由で自身が心を病んでしまったのか分かっていれば、再発を防止することにも繋がります。


もう一つの治療方法である投薬治療については、抗うつ剤や抗不安剤、必要に応じて睡眠薬の処方による治療になります。基本的には抗うつ剤が処方されますが、現れている症状によって抗不安剤や睡眠薬が併せて処方されるのです。例えば、不安感や焦燥感がうつ病の症状によって強く現れている場合、抗不安薬が処方されます。この薬を服用することによって、不安感と焦燥感を鎮めることができるのです。睡眠薬については、不眠症の症状で悩まされている場合に処方されます。投薬治療においてメインとなる薬の抗うつ剤には、様々な種類のものが存在します。その種類によって効果の強さや副作用が異なり、投薬治療を始める際には医師が患者の症状を確認したうえで適切な種類の抗うつ剤を処方しなければなりません。つまり、患者側は医師に対して自身に現れている症状を正確に伝える必要があるのです。また、投薬治療開始時には注意すべき点が一つあります。その注意すべき点というのは、抗うつ剤による投薬治療長期間掛かるという点です。どれだけ副作用が辛いものであっても、抗うつ剤というのは長期的に服用を継続しなければその効果を発揮することができません。数多くの患者の中には、効果が中々現れないといった理由や副作用が辛いといった理由で減薬や服用の中止を独断で決定してしまう人がいます。効果が中々現れないと感じていても、徐々に効果は現れているものです。自覚し難いものですが、減薬したり服用を中止したりしてしまうことによって、治療自体をリセットしてしまうことになります。もし、効果が現われないと感じているのであれば、まずは担当医に相談しましょう。抗うつ剤は神経関わるような薬剤ですので、勝手に減薬・服用の中止をしてしまうと離脱症状が現れてしまう可能性もあります。離脱症状は副作用よりも辛く苦しいものであり、神経に関わるような薬の服用を突発的に中止した際に多く発生すると言われているのです。