専門の医療機関での検査|うつ病の原因や症状について

うつ病を薬で治す

女の人

うつ病の一般的な治療方法である投薬治療で用いられる抗うつ剤というのは、神経に働きかける薬です。様々な種類の抗うつ剤が存在しますが、そのどれもが飲み始めてすぐ効果を現わす訳ではなく、長期的に服用を継続することで徐々に効果が現われるといったものとなっています。ただ、どの抗うつ剤にも副作用が存在し、その副作用に関しては飲み始めの段階から現れるのです。つまり、投薬治療の初期段階では治療効果を現れていない状態で、副作用のみが現れるということになります。しかし、そういった飲み始めの期間を乗り越えることができれば、副作用は少しずつ治まっていき、それに伴って治療効果も徐々に現われてくるのです。投薬治療の初期段階では副作用が辛くても、根気強く治療を継続することが大切になります。ここでは、抗うつ剤を服用することによってどういった効果を得ることができるのか知っていきましょう。そのためには、うつ病の原因について考える必要があります。うつ病の原因というのは、主にストレスにあると考えられています。過度なストレスが脳に影響を及ぼし、脳機能の低下とそれに伴う神経伝達物質の分泌量の減少を引き起こすと言われているのです。ここで挙げられる神経伝達物質というのは、セロトニンやノルアドレナリンといった感情に影響を及ぼす神経伝達物質になります。セロトニンは、「精神の安定」に深く関わる神経伝達物質です。ノルアドレナリンも同様であり、それらの分泌バランスが乱れてしまうと精神が安定しなくなってしまいます。その結果、うつ病の症状が現れてしまうのです。

抗うつ剤は、セロトンやノルアドレナリンの分泌バランスを整える効果を持っています。また、その種類によってセロトニンとノルアドレナリンの両方の分泌量を高めるものやセロトニンのみの分泌量を高めるもの、ノルアドレナリンのみの分泌量を高めるものが存在するのです。両方の分泌量を高める抗うつ剤に関しては、重症化したうつ病に用いられることが一般的だと言われています。セロトニンの分泌量を増加させる抗うつ剤は、不眠症の症状が現れているうつ病の治療に最適です。セロトニンが減少してしまうと夜間の眠りが浅くなってしまうため、うつ病によって不眠症の症状が現れている時にはセロトニンが不足していると考えられるのです。最後に、ノルアドレナリンの分泌量を高める抗うつ剤について説明していきます。ノルアドレナリンの分泌量を高める抗うつ剤は、主に意欲の低下が強く現われるうつ病の治療の用いられると言われています。ノルアドレナリンというのは、不安や怒り、恐怖、意欲といった感情に関係している神経伝達物質だと言われており、ノルアドレナリンが著しく低下することで意欲の低下といった症状が強く現われてしまうのです。ノルアドレナリンのみの分泌量を高めることのできる抗うつ剤であれば、そういった症状の現れているうつ病を効果的に治療していくことができるでしょう。