専門の医療機関での検査|うつ病の原因や症状について

原因となるストレス

相談

うつ病の原因というのは明確に分かっている訳ではありませんが、一般的にはストレスが原因となって引き起こされていると考えられています。一説では過度なストレスによって脳機能が低下し、感情に影響する神経伝達物質の分泌バランスが崩れることでうつ病の症状が現われると言われているのです。そのため、現代におけるうつ病治療では投薬治療や心理療法によって神経伝達物質の分泌バランスを整えるといった治療が主流となっています。ここでは、うつ病を対策するためにどういったストレスが脳機能を低下させてしまう原因となるのか知っていきましょう。うつ病の原因となるストレスというのは、社会的ストレスや心理的ストレス、環境的ストレス、新艇的ストレス等です。社会的ストレスは集団生活の中で生じるストレスで、主に対人関係が原因となって引き起こされます。例えば、職場や学校での周囲からの期待によるプレッシャーから生じるストレス等が社会的ストレスとして挙げられるでしょう。次に、心理的ストレスについて説明していきます。

心理的ストレスは心や感情に影響されて生じるストレスで、喪失感や不安感を抱くことが発生原因となる他、怒りや悲しみといったマイナスとなる感情を抑制することでも心理的ストレスが生じると言われています。環境的ストレスについては、環境の変化によって生じるストレスのことを指します。ここでの言う環境の変化は本人にとってマイナスとなる環境の変化だけでなく、プラスとなる環境の変化も含まれます。例えば、結婚や出産です。そういった環境の変化は本人にとって喜ばしいことでもあり、大きな変化でもあるでしょう。人によって、心が大きな変化に追いつけないことがあるのです。どれだけ良いことであっても大きな環境の変化は不安感を煽り、それがストレスとなって現われます。最後に、身体的ストレスがどういったものか説明していきます。身体的ストレスは病気や疾病を抱えている人が感じやすいストレスであり、病気自体がストレスとなることもあれば治療のために服用している薬が副作用を生じさせることもあります。また、運動不足も身体的ストレスを生じさせる原因となるため、注意が必要です。このように、うつ病の原因となるストレスというのは、日常生活のあらゆるシーンで生じる可能性があるのです。